薬剤師さんがいきなり家に!

私の家にこの間友達が飲みにきたんだけどね、
他の友達も連れて行っていいって聞かれていいよって答えたら
大柄な人4人くらい連れてきてさあ。
家壊れないかなって正直苦笑いだった。
みんな同じ薬局勤めてる人なのっていってて。
その友達頭良くて薬剤師なんだよね。最近薬剤師紹介会社使って転職したとか。
わたしずっと誰か紹介してっていってたんだけど
そんな大柄の薬剤師さん連れてくると思わなくて驚いたんだよね。
あんな風に大きい人がやってるんだって思ったらなんだか笑えちゃった。
みんな彼女いないから選びたい放題だよなんて酔っぱらって友達言っててさ。
その友達はもう6年とか付き合ってる彼と遠距離なんだ。
すごいよねー6年って。
もうそろそろ一緒になるんじゃないって思ったけどまだ薬剤師として間もないからそれはないなあって言ってた。
しかもその薬局トークも面白くて♪
でも確実にわたしの友達のことが好きなんじゃないかなっていう人はいたんだよね。
だからわたしなんかドキドキしちゃった。
まだ誰がいいとかわからないけど今度また飲もうってなったからいい飲み仲間になりそう。
わたし男友達とかあまりいないからすごく逢えるのが楽しみ♪
今度は宅のみじゃなくてどこか美味しいところ食べに行こうってみんなで話してた。

看護師の感情のコントロール


看護師という仕事をしていると、感情的になってはならない・感情を割り切らなければならない瞬間が多々あると思います。
テレビドラマや映画では、感情が渦巻く様子が描かれることも多いですが、実際の現場ってそこまでじゃないんですよね。
父親を癌で亡くした友人が言っていました。
「病院で亡くなるときって、皆でベッドを囲んで、看護師や医師も集まって"ご臨終です"ってやるのかと思ったら、全然そんなんじゃない。」と話していました。
病室を離れていたら、看護師さんに「お父様そろそろだからね。」と声をかけられ、病室に戻ると診察がされていたそう。
診察されている中で、静かに息を引き取ったのだそう。
泣き崩れるような雰囲気でもなく、医師や看護師は淡々と状況を説明し、作業をしているんだそうです。
私はまだ身内を亡くしたことがないですし、人の死に立ち会った経験がありません。
ドラマでよく見る、最期のシーンを想像してしまいますが、実際に感情が渦まく様子なんてないんですよね。
感情はそれぞれの中にだけで留まり、そこにいる全員が同じ気持ちに包まれるということも、そうそうないのかもしれません。
特に、遺族と医療関係者の心情は全く違うもの。
そういった意味でも、看護師は人の命の最期に立ち会う機会が多いだけ、感情の麻痺や慣れは大きいのでしょう。
それと同時に、感情に振り回されないように心がけることも多いのだと思います。

[PR] 大学病院の外来で働きたい看護師さんはコチラ

私が変わらないと...

看護師の仕事を毎日それなりにがんばってはいます。

自分では少しずつではあるもののしっかり前に進んでいると思っているんだよね。

ただ、一つだけ前に進まないのは...人間関係です。

人付き合いがものすごく苦手な私はどうしても同僚と和気藹々と...っていう空気になれないんですよね。

もちろん業務に必要なことはちゃんと話をします。

ただ、それ以上でも以下でもないんですよね。

事務的な会話だけ。それ以上に仲良くなることが出来ない。

正直つまらない毎日です。

でも自分から何か話題をもちかけることが出来ないんですよね...。

こればかりは性格だからどうにもならない...。

ただ、自分が変わらなきゃ周囲も変わらないってことはわかっているんですけどね。

 

 

誰でも看護師になれる訳ではありません

看護師は年収が高いということでも知られている職業ですね。女性の社会進出が騒がれていますが、それでも女性の平均年収は200万円程度と言われています。そんな中、看護師は400万円を越える年収を貰っています。それだけハードな仕事内容ではありますが、魅力的な仕事でもありますよね。しかし、ここまで年収が高いということは誰でもなれる訳ではないのです。

看護師になるには国家試験に合格しなくてはいけません。この国家試験は看護の専門的な勉強をしていたり実地研修に参加した実績がある人などのある程度の参加条件があります。それをクリアしていないと試験を受けることもできません。ですので、誰でも気軽に試験を合格することができないのです。ある程度の長い期間勉強をしていかなければいけないのです。

ただ、合格率は90%を越えることが言われています。専門的な勉強をしておけば、問題なく国家試験を合格することは可能となっていますそういった下積みの時代を経験しなければ、看護師として働くことは出来ないので、人手不足になってしまっているというのもあります。また、看護師の労働環境が悪化しているというのも、ひとつの原因として挙げられているのです。どちらにしろ、看護師になるのは容易ではなさそうですね。と書いてますが、私の姉は看護師です。ほぼ姉の情報(笑)その姉はなんと難関の認定看護師の資格を持っています。何の専門か忘れましたけど・・・。
スゴイですよね~~。

辞めたい...とこぼしていた友人看護師の今

看護師は色々な悩みを抱える職...というのは誰しも聞いたことがある話でしょう。晴れて看護師として活躍し始めたのはいいものの、色々な悩みを抱えたことで追い詰められてしまい、「看護師を辞めたい...」と思うようになってしまうことはそう少ないことではありません。

私も同じ看護師の友人、何人かいますけれど、中には「看護師を辞めたいって思ってるんだけど...」という相談をされることとか、あるんですよね。過去に人間関係のことと仕事と家庭の両立がなかなかうまくいかないということで悩んでいた友人がいました。人間関係と仕事のハードさって、看護師をやっている上で悩まない人はいないって言っても過言ではないくらい、問題となりやすいところなんですよねえ...。特に友人の場合は仕事場の人たちの環境といいますか...そういうのもあまりよろしくなかったものですから...ね。やぱり東京の看護師は転職が多いんですかねえ。

いろいろと悩んで相談に乗ったりしていましたが、最終的には「辞めたい」という自分の気持ちにしたがって、辞める決心をした友人でした。そんな彼女の今ですけど、実は再び看護師として活躍しているみたいです!
ただ、以前のような病院で働く看護師ではないんですよ。どういうことかというと、現在は介護施設で活躍する看護師となっているのだそうで。つまり、医療行為のない、介護施設でのお仕事に取り組んでいるみたいですね。

なるほど、でも確かにその発想はなかった!
介護施設で働くなら、病院のように夜勤を強制されるってことはないですし。ぶっちゃけアルバイト・パートで働けばより厳しくない状況で働くことも可能ですよね。なにより医療行為がないってだけで、結構緊張感は軽減されるし...人間関係も以前の病院のようなドロドロとしたものではないのだそう。

自分のペースでお仕事に励めるようになって、本当によかったなあ...と。私も心から思ったのでした。

業務より難しい人間関係

看護師として働いている私、それなりに業務はしっかりこなせていると自分では思っています。

ただ、こなせていないのは職場の同僚とのお付き合いです。

私はあんまり人付き合いが得意な方じゃないし、正直嫌いなんですよね...。

だから看護師の仕事をしていて一番苦手なのがこの同僚との付き合い...。

もちろんプライベートで付き合いをしようとは思っていないけど職場でいろいろと会話したりするのも正直うっとうしいと思っています。

だけど同じ仕事をしているんだから一人だけ勝手な行動とるわけにもいかないしね...。

これさえクリア出来ればもっと楽しい仕事になるんだろうけど私にはなかなか出来そうにないです。

私と同じように同僚との付き合い方で悩んでいる人っているのかな...。

 

大人としての...

もともと人付き合いが嫌いなというか苦手な私がどうして看護師なんていう仕事を選んだんだろうね。

看護師って人との接触がとってもたくさんあるよね。

私は看護師の仕事の中ではやっぱり患者さんと接するのが一番苦手なんですよね。

だけどそれよりもっと苦痛なのが職場の同僚...。

私はあんまり周囲のことを気にするほうじゃないから出来ればいつも一人で行動していたい。

その方が疲れずにすむからね!

だけどそういうわけにもいかないんだよねぇ。

ある程度同僚と話をあわせることも必要だし...。

なんだか仕事の前にそういうお付き合いだけで疲れてしまいます。

人に合わせていくっていうことがなぜそんなに必要なんだろうって思っちゃうことが多々。

だけどそれが大人としての付き合いなんだろうねぇ...。

 

看護師仲間との距離

看護師になれてとっても嬉しい気持ちなんだけど実は大きな大きな悩みが一つあるんですよね。

何かというと看護師業務には全く関係のないことなんだけど...同じ職場で働いている看護師とどんな風に付き合っていけばいいのかってことがいまいちわからない...。

どこまで本音で話が出来るのかってわからないんですよね。

みんながどんな事を考えているのか...。

他人を蹴落とそうとしている人も結構多い看護師の世界。

誰をどのくらい信用したらいいのかってどこで見抜いたらいいのかな...。

まだまだ私にはそんな事を見抜く力がありません。

だから結局誰とも一線を置いた付き合いしか出来ないんですよねぇ。

誰か一人でも自分の味方だって思える人がいると嬉しいんだけどね。

 

社交的目指して

社交的になりたい...いつもそんな風に思っている私だけどどうしても人に話しかけていくっていうことが苦手なんですよね。

なのではじめての人と話しをするときはほとんど会話が成り立ちません。

聞かれた事なんかに返答するとそこで会話が途切れてしまう...。

そこから話しを発展させていくことが苦手なんですよね。

今働いている病院でも看護師同士楽しく会話...という記憶ってないです。

もちろん挨拶だとか仕事上必要なことは話したりするけどほとんど他の場合は一人で行動することが多いかな...。

なんだかちょっと寂しい気もするけどなかなかこの性格は変えられない...。

性格改善って難しいよね。

活字でならどんなことでも普通に書いてしまえるんだけど!

保健所の保健師求人

保健所の保健師求人を探している人も多いでしょう。保健師の仕事は巡回看護がもともとです。巡回看護、これは病院へ通院することができないような経済的に苦しい病気をわずらっている人に対して実施されていた看護活動です。そして保健所法が作られてからは、乳幼児や妊産婦、結核をわずらっている人、感染者、精神疾患患者など訪問指導をすることになりました。巡回看護は最初は在宅看護師の仕事でした。保健所の保健師の仕事は伝染病や結核への対策、そして母子保健の仕事がメインでした。それから男女問わずに保健師という名前になり、これまでの女性だけの保健婦という言葉から今のスタイルに変わったのです。(※保健師が転職する際に見て欲しいサイト

そして保健師として都道府県や市町村、保健所、保健センターなどで保健業務をする行政保健師という役割ができました。保健所保健師は各種手続きに来た人の対応、たとえば母子手帳の発行なども行っていますし、妊娠中の妊婦さんへのさまざまな生活指導なども行っています。出産後も、不安な中で一人で子育てをしている人がいれば力になってくれますし、赤ちゃんの成長が正常であるかどうかも検診業務を通じてみていくことになり、必要であればアドバイスをしていくというのが主な仕事です。看護師の資格を元にして、保健師の資格を取得した人の中には、保健所保健師として地域の人の役に立ちたいという気持ちが強い人も多いのではないでしょうか。

また自身も結婚、出産を経て、子育てをしながら仕事復帰をするとなったときに、看護師として医療機関で働くのではなくて、子育ての経験や妊娠出産の経験を活かしながら仕事をすることができるという意味もあり保健所保健師を希望する人は増えています。

保健所の求人は定期的に募集があるわけではありません。大半が欠員が出た場合のみに募集があることが多いので自分でも求人をこまめにチェックして出ていないかどうか確認する必要がありますが、それ以外にも、保健所保健師を希望している人は、転職サイトを使うのもいいでしょう。転職サイトなら普通の求人サイトには掲載されていない人気案件、非公開案件なども掲載が豊富なので保健所保健師の求人も多数案件として抱えているところは多いでしょう。転職サイトを利用して、適切にアドバイスを受けつつも自分が進みたい、働きたいと思っている保健所の求人を探してもらえばチャンスも広がりますのでスムーズに保健所保健師として転職をすることができるでしょう。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12
  • 薬局薬剤師/薬の説明
  • 保育園の看護師の募集情報特集
  • ■年収アップを狙っている看護師さんには【看護師年収アップコンシェルジュ】は見てみることをお勧めします。
  • ■看護師の悩みの1つに美容ってあると思います。やはり不規則な仕事なので女子にはきついです。そんなアナタにプラセンタのサプリメントの効果を実感して欲しい。今話題のプラセンタです。
  • ■人気が意外と高い老健の看護師求人について特集しています。