2014年3月アーカイブ

看護師の感情のコントロール


看護師という仕事をしていると、感情的になってはならない・感情を割り切らなければならない瞬間が多々あると思います。
テレビドラマや映画では、感情が渦巻く様子が描かれることも多いですが、実際の現場ってそこまでじゃないんですよね。
父親を癌で亡くした友人が言っていました。
「病院で亡くなるときって、皆でベッドを囲んで、看護師や医師も集まって"ご臨終です"ってやるのかと思ったら、全然そんなんじゃない。」と話していました。
病室を離れていたら、看護師さんに「お父様そろそろだからね。」と声をかけられ、病室に戻ると診察がされていたそう。
診察されている中で、静かに息を引き取ったのだそう。
泣き崩れるような雰囲気でもなく、医師や看護師は淡々と状況を説明し、作業をしているんだそうです。
私はまだ身内を亡くしたことがないですし、人の死に立ち会った経験がありません。
ドラマでよく見る、最期のシーンを想像してしまいますが、実際に感情が渦まく様子なんてないんですよね。
感情はそれぞれの中にだけで留まり、そこにいる全員が同じ気持ちに包まれるということも、そうそうないのかもしれません。
特に、遺族と医療関係者の心情は全く違うもの。
そういった意味でも、看護師は人の命の最期に立ち会う機会が多いだけ、感情の麻痺や慣れは大きいのでしょう。
それと同時に、感情に振り回されないように心がけることも多いのだと思います。

[PR] 大学病院の外来で働きたい看護師さんはコチラ

私が変わらないと...

看護師の仕事を毎日それなりにがんばってはいます。

自分では少しずつではあるもののしっかり前に進んでいると思っているんだよね。

ただ、一つだけ前に進まないのは...人間関係です。

人付き合いがものすごく苦手な私はどうしても同僚と和気藹々と...っていう空気になれないんですよね。

もちろん業務に必要なことはちゃんと話をします。

ただ、それ以上でも以下でもないんですよね。

事務的な会話だけ。それ以上に仲良くなることが出来ない。

正直つまらない毎日です。

でも自分から何か話題をもちかけることが出来ないんですよね...。

こればかりは性格だからどうにもならない...。

ただ、自分が変わらなきゃ周囲も変わらないってことはわかっているんですけどね。

 

 

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12
  • 薬局薬剤師/薬の説明
  • 保育園の看護師の募集情報特集
  • ■年収アップを狙っている看護師さんには【看護師年収アップコンシェルジュ】は見てみることをお勧めします。
  • ■看護師の悩みの1つに美容ってあると思います。やはり不規則な仕事なので女子にはきついです。そんなアナタにプラセンタのサプリメントの効果を実感して欲しい。今話題のプラセンタです。
  • ■人気が意外と高い老健の看護師求人について特集しています。
  • このアーカイブについて

    このページには、2014年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

    前のアーカイブは2014年2月です。

    次のアーカイブは2014年4月です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。