薬剤師のことを感じることを考えて

僕らのことを誰にも明かさないでいてほしいと彼は僕にいったのである。そのことに関して、僕は何も感じなかったのであるが。薬剤師としての意識が僕に訴えるには、そのことをもっと僕は考えるべきだったのではないかということになるのだとも思うのである。そうやってそこから生まれてくるものをしっかりと考えるということに関しての僕らの問題点を知るということを起点としての僕らの人生の多様性ということについて、君が薬剤師としての立場をおもんばかって、何も薬剤師についての批判を言わないとしても、それに対しての僕らの批判は、どのようになったとしても、考える必要があるのだとも思うのである。だからきっと問題はきっと簡単にするべきなのであるということを特に関係することなく、そのことをしっかりとみつめるべきなのではないかとも思うのである。そうやってそこから生まれてくるものを感じるのである。そうやってそこから生まれてくるものを僕らはまたそれをしっかりと受け止めようとも思っているのである。これが薬剤師としてのまた一つの大きな役割であるとも思うのである。それが僕らの大きなかだいになるとも思うのである。これが大きな問題になるとも思うのである。それが薬剤師としての課題でもあるとも思うのである。


<PR>大手の保険薬局の求人を探すなら

このブログ記事について

このページは、そのこが2018年1月12日 17:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「股関節」です。

次のブログ記事は「FB広告確認」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。