素敵なマット

マット、といえば、、、まっと・でーもんでしょう!!
恰好いい。
そしてすごい演技力です。

最近の映画で面白いのは「オデッセイ」・・・火星に取り残された男性の話です。
すごいポジティブで、稼いでひとりで生き抜いていくのですが、
それがもう明るいのなんのって。
自分のことをビデオに録画して、地球の人に後で見てもらおうってことだったらしいのですが、
これを撮ってるこの映画、、、まるで悲壮感がなくて安心して見ていられます。

でも場所は火星なんですよーー。
ひとりきりでサバイバルしてるんですよーー。

とはいってもね、シャワーから水も出るし、コーヒーなんかもあったみたい。
そいう設定でした。
ただ食べ物はなかった。
少しだけあったものでなんとか生きのびていまして、最後は助けられるのですが、
他のクルーも、なんていうか明るい。

女優さんがキレイで、NASAで働く人にあんな綺麗な人はいないだろ、
ってつっこみいれたくなるくらいでした。

そのクルーたちも明るく「助けにいこう!」になり、そのために1年半、地球に戻るのが伸びたのですが、
家族にも
「もし彼が僕だったら?」
と、軽くいいのけてしまうのでしたー。
サバイバル映画は嫌だ、って人でも、あの映画は明るく見ていられますよーー。
お勧めです。

このブログ記事について

このページは、そのこが2020年2月 1日 01:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「戻ってきたバイオリン!」です。

次のブログ記事は「手がおかしい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。